タカの渡り。

b0026110_863049.jpg

豆。豆粒ですが、サシバのタカ柱です。(ハチクマもいたみたいです)

ワシタカは留鳥なイメージがありましたが、
渡り鳥なタカもいるのですな。

サシバ、クマタカはその代表選手のようです。
このお二方、実はとっくりと見たことがありません。
それが今日、豆粒ではありますが、こんなに出会えるなんて。

夏鳥として日本にやってきて繁殖し、
サシバどんは東南アジア、ニューギニアへ、。
ハチクマどんは中国東北部、インド、東南アジアへと越冬しに渡るそうです。

みんなで上昇気流をつかまえてどんどん高く昇り(タカ柱)、
そこから一気に滑空して渡って行きます。
夜は休みながらこれを繰り返していくのですな。
しかしいつも散らばっている猛禽がこんなに集まって、
ご飯はみんな見つけられるのでしょか。
ヘビやら虫やら小鳥・・・・・。争奪戦になりそうな・・・(^_^;)

この日は久々のお天気のためか
次から次へとサシバどんが南へ渡っていきました。
また逢えるのは来年ですな。

行ってしまう鳥さんもいますが、
越冬しにやってくる鳥さんもそろそろ・・・・。

鳥見にはまた楽しみな時期でありますなぁ。
[PR]
by noratamago | 2009-10-05 08:06 | 野の鳥。 | Comments(0)

たまごとオカメの日々               inみちのく。


by noratamago
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30