スズメノケヤリ。

b0026110_1064296.jpg

topはFどん's photoにて。

駒止湿原
に行ってきたのでした。
見渡す所にワタスゲの綿毛。
高原とはいえ、かなりの暑さ。
どこへ行ってもウグイスどん。(&カッコウどん&モズどん。)
他の鳥はなかなか見えず。くらっくらしてしまいましたよ。
でも木蔭はとっても涼しか~。みんな必ず一息ついていきます。
b0026110_1075145.jpg

↑コバイケイソウだと・・・・。
b0026110_108125.jpg

↑ヒオウギアヤメだと・・・・。
b0026110_1081294.jpg

↑なん・・・だろう?ウラジロヨウラク?
b0026110_10285442.jpg

↑ニッコウキスゲだと・・・・・。
b0026110_10103425.jpg

ワタスゲ=スズメノケヤリともいうそうです。
雀の毛槍・・・・。ちょっと持っていただきたい・・・・・。
b0026110_10244885.jpg

[PR]
# by noratamago | 2009-07-01 10:38 | 世の中にて。 | Comments(0)

お取り寄せビューティ。



図書館で三度借り、これはお家にあってもよかろうではないか・・・・という訳で
家にきた本です。でも2年前くらいのものでなかなか店頭でみかけません。
古本屋で見つけてきました。

”お取り寄せビューティ” 著:中嶋マコト
お取り寄せできるコスメが、ビューティジャーナリストの中嶋マコトさんのコメント付きで
海外、日本を問わず載っています。
オーガニック系が多いところもよかとです。

化粧品って見た目も楽しめますよね?
瓶とかパッケージとか・・・。
むしろ効能よりもそっちに目がいってしまいます。
そんな方にはぴったり。
綺麗な写真付きで紹介してあります。
コスメパッケージカタログなかんじです。

ぶっちゃけこれいいかな~と頼もうと思っても、
た、高っ!!!てことが多いですが。
見るだけならタダです☆

そして10年後に残っているコスメが優秀コスメなんじゃ・・・・・。
などという斜めな読み方もできます。
図書館でみつけたらアナタモぜひ・・。

↓これは載っていませんが、パッケージ復刻版のヘチマコロン。
瓶が素敵ですよねい。(やっぱり瓶か!)
こういうレトロコスメも好きです。
今月はじめまでやっていた”資生堂・サントリーの商品デザイン展
も行ってみたかったな~。



そんな私はもっぱらドラッグストアでもお求めできる”キュレル”です。(え。)

とっても乾燥肌なので・・・・・(^_^;)
容器かわいくないけど・・・・。(瓶入り化粧水使ってみたいなあ・・・・)
潤いは保たれるのです~。
[PR]
# by noratamago | 2009-06-30 09:17 | ヲトメコスメ。 | Comments(0)

オカメはかわいい。

b0026110_21322551.jpg

最近ぺこが特にかわいい件について。

・・・・・・・。
・・・・。


はい~!バカ親入りました~。
でもなんだか最近ふと見ると瞳きゅるんとしていて、
なんか小首かしげてみたり、ちょっとかわいかったりします。
いつもはかわいいっていうより、コケティッシュなかんじ?(もしくはすっとぼけたかんじ)なのに・・・。
どうしたぺこ?

そう。オカメインコってかわいいんですよね。本当は・・。わ!?
最近ロート製薬のスキンアクアのCMにほんのワンカットだけでてますよね。
かわいいですね。アノコ。
もっとじゃんじゃん出してくだされ。

でもこの写真のぺこだとあまりお伝えできてないのです。
やはり一眼レフを前にすると自然体ではいられないようです。

b0026110_21385389.jpg

換羽中なのでちともっさもさですが・・・・。
ハヅクロイはするようになってきたのでカメラ慣れするまでもうちょっとかな・・・。
[PR]
# by noratamago | 2009-06-23 21:48 | オカメのぺこ。 | Comments(4)
b0026110_15504845.jpg

だいぶ前にいただいた”鳩サブレーマグネット”
紙袋と缶入りサブレーと、鳩サブレー本体と。5枚入り手提げと・・・。
b0026110_1551141.jpg

以前のマグネットもかわゆかったけどこれもまたくらっときますね。
b0026110_15512479.jpg

マグネットが超強力で少し近づけるとみんな団子になってしまふ・・・・。

鎌倉 豊島屋本店にて見つけることができるっすよ。
[PR]
# by noratamago | 2009-06-22 15:58 | 鳥小物。 | Comments(4)

蕪汁。

b0026110_15543847.jpg

何故かベニバナ。こういうときに蕪の写真があるといいのになあ。

雨降りが多いこの頃・・・・。
読書が進むこと進むこと・・・・。
しかし読むと終わるまで動かなくなってしまうのでキケンです。

ここの蕪汁は、小さい株を丸ごと使っていた。
蕪の葉を少し散らしてあるだけで、ほかには具が入っていない。
味噌は味も濃い色も濃い赤だしで、
独特の、ちょと焦げ臭いような風味があったが、淡白な蕪の味に、それがよく合っていた。
             -宮部みゆき 『初ものがたり』より。

この本の中に出てくる稲荷寿司屋(しかも屋台)の
親父さんのだすご飯がおいしそうなこと美味しそうなこと。
蕪は不得手なのですけども・・・。
こんな風に書かれるとものすご~く食べたくなってしまいます。
この親父さん、タダモノではないようで、
しまいには甘味まで(薄い海老茶色の柿羊羹!!!)出してくる!!!

宮部さんの時代ものはとてもよいです。
美味しそうに書く人が大好きだ。
でもこの続きが読みたいのにまだ出てないと!?くうう・・・・。

稲荷寿司も、ほんのり甘みのある味付けに、
固めに炊いた飯の酢がつんときいている。


くううう!!!
美味そう!!!!ウマソウ☆


今日のご飯はグラタン(え?)ですが、
稲荷寿司&蕪汁もいずれ食卓にのぼりそうです。
あれ?蕪の旬はいつだっけかしら・・・・・。

                             
[PR]
# by noratamago | 2009-06-18 16:07 | 美味しいもの。 | Comments(2)

たまごとオカメの日々               inみちのく。


by noratamago
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30